行動で覚えよう!実際に動いての練習

座学のみではもったいない

会話をしたり、サービスを提供したりなど接客の仕事は顧客との距離が近いので、常に丁寧さを意識して仕事に取り組む必要があります。最高の接客を提供するには日々レベルアップしなければならないので、会社は成長する機会を用意しましょう。たとえば、社員教育の実施は実務で役立つ知識や技術を身に付けられる最適な機会です。社員教育を実施する場合のポイントは座学のみにしないことです。接客に役立つテキストを読んだり、講師の板書や発言を書き留めたりするだけでも成長は見込めます。しかし、座学にて覚えるだけで実践していなければ身についているかどうか判断するのは難しいでしょう。せっかく社員教育で学ぶわけですから、行動して覚えることも検討すべきです。

行動した方が覚えやすい

社員教育で接客の仕事を学ぶ場合は行動して覚える時間を設けましょう。頭で理解するだけよりは、実際に試す方が効果がわかったり、まだ身についていなかったりなど色々なことが判明します。ですから、社員教育をする際は定期的に動いて練習する時間を作ることをおすすめします。また、練習でできるようになったことは社員教育の最後にテストを実施すると、しっかりと身についているかどうか判断できます。あくまでも練習なので実践で上手くできなかったり、失敗したりすることはあるでしょう。しかし、練習で成功していないことは本番でも成功しません。まずは社員教育の機会に練習に取り組み、成功するまで続けることが社員の成長には必要不可欠です。